ビットコインなどの仮想通貨はネット上のデータです。

データそのものには何の価値もありません。
しかし、ビットコインは、円やドルと交換できる価値のある物として扱われています。
なぜ、ただのデータに価値があるのか、不思議に思う方もいると思います。

ビットコインがなぜ貨幣の代わりに取引されるのか、お金の本質とともに学んでおきましょう。

お金の本質

お金は、他の物と交換できる「信用」を持っている事で機能するシステムです。

また、お金には次のような機能があります。

・価値の保存
・価値の尺度
・価値の交換

日本円の場合、日本国内のほぼ全ての店で、物と交換することができます。

なぜ交換可能なのかというと、円は日本政府が管理し日本銀行から発行されていて、日本人は政府や銀行を信用しているので、日本円と物の交換が成り立つのです。

日本人の多くが、日本の政府や銀行を信用して「日本円は物と交換できる」と「信用」しているので、日本では円が「お金」としての価値を持っているのです。

仮に、日本が財政破綻して、銀行で日本円を米ドルなど他の国の通貨に交換してくれなくなると、日本円の信用がなくなり、価値がなくなってしまう可能性があります。

発行元の信用があるからこそ「通貨」として価値が生まれているのです。

金と信用

1万円札には1万円分の価値があることは、無意識的に理解していると思います。

「お札」は、金(ゴールド)といつでも交換できる引換証でした。

金は存在が少なく稀少なので価値があります。しかし、非常に重たく大量に持ち歩くのにも不便です。
なので、金の現物は銀行に預られていました。
価値があるのは金であって、引換証そのものには価値がありません。

金の埋蔵量には限界があるので流通させること自体が難しくなり、引換証に自体に価値がつけられるようになりました。

金本位制について

金本位制とは、金を通貨価値の基準とする制度です。中央銀行が、発行した紙幣と同額の金を常時保管して、金と紙幣とを引き換える兌換(だかん)ことを保証するというものです。

発行者の信用で、同額の金貨に交換することを約束した紙のことを兌換紙幣といいます。

今の日本では金とは関係なく、お札に価値があると「信用」されているのでお札自体に価値があります。

この「信用」というのがお金の本質です。

1万円札は、原価数十円のただの印刷された紙ですが、「日本という国が発行している」という行為が信用をあたえています。

新しくビットコインを得る方法がマイニング(採掘)であったり、発行上限が決まっている点などが金(きん=ゴールド)に似ている点が多いので、仮想通貨は「デジタルゴールド」とも表現されます。

ビットコインの信用

政府や銀行のような発行元がいないビットコインは、何が信用の元になっているのでしょうか。

ビットコインの場合は、ビットコインが稼働しているシステムが「信用」されていることでお金としての価値が生まれています。

そのシステムが、P2Pネットワークを利用したブロックチェーンの技術です。

くわしくはこちらのページで「仮想通貨のしくみ」

中央管理者が存在せず、取引履歴が誰にも改ざんすることができない、また、取引履歴がすべて記録として残っているシステムです。

この仮想通貨とブロックチェーンの技術やシステムを信用した人の間で、ビットコインは交換する価値のあるものと認識されることで、お金としての信用が生まれています。

理論的には改ざんなどの不正をすることは可能ですが、そのためには膨大なシステムリソースやビットコインを所有している状態が必要で、仮に不正をするとその価値は暴落してしまいます。

技術的に不正が難しく、仮に改ざんに成功しても逆に損してしまうようなシステムが出来上がっているので、その「システム」に信用が生まれます。

この仮想通貨システムは世界中の多の人々に信用できるものという認識が広がり、世界中で通用するお金の代わりに交換可能なシステム、つまりデジタルマネーとしての価値を認められるようになり、ビットコインの価値が向上する一因にもなっています。

つまり、世界中の人々がビットコインには「価値がある」と信用しているので、ビットコインには価値があるのです。

逆に、ビットコインのシステムに重大な欠陥がみつかり、データが改ざんされたり、消失するということがあった場合、信用が失われてしまい、価値がなくなる可能性があります。