2017年は「仮想通貨元年」と呼ばれています。
ニュースでも多く取り上げられ、書籍や雑誌も数多くが発売されています。

現実に存在しない仮想通貨はどこでどうやって手に入れることができるのか。

仮想通貨の代表であるビットコインを例に入手方法をまとめて解説します。

無料で入手する方法も紹介しているのでで、参考にしてください。

ビットコインを入手する3つの方法

ビットコインには、下記の5つの入手方法があります。

1.取引所で購入する
2.ポイントサイトやプレゼントで入手
3.マイニングで入手

それぞれの詳細を紹介します。

1.取引所で購入する

最も一般的で簡単な方法が、仮想通貨の取引所で口座開設して、そこでビットコインを購入する方法です。

仮想通貨取引所では、「取引所」ではビットコインなどの仮想通貨を買いたい人と売りたい人を、マッチングさせるサービスを行っています。「販売所」ではその名の通り、ビットコインなどを販売しています。

日本には、bitFlyer(ビットフライヤー)やZaif(ザイフ)などの企業が運営する取引所があります。取引所では、販売所の運営も同時に行っていることがほとんどです。

販売所に分類される企業には、GMOコインやDMM bitcoinがあります。

メリット

取引所でビットコインを購入するメリットは、24時間売買が可能な点や購入方法が分かりやすいことです。

ビットフライヤーなどに口座を開設すると、PCやスマホからビットコインや仮想通貨を購入することができます。

ビットコインは、上下の価格変動が激しいので、安いときに買って、高いときに売るというチャンスが数多くあります。
24時間いつでもスマホなどでも売買できるのは取引所の大きなメリットです。

まだ、ビットコインを買ったことがない方や、投資をしてみたい方には最もおすすめの入手方法です。

デメリット

取引所のデメリットは下記のようなものがあります。

取引所では、いつまでも取引相手が現れない可能性があります。取引所は売りたい人と買いたい人のマッチングを行っているサービスなので、自分が買いたいと思っている値段で売ってくれる人がいないと売買が成立しません。

また、ハッキングや企業の倒産などカウンターパーティーリスクがあります。企業などの不祥事や不手際によって、何らかの被害が発生するケースがあります。

マウントゴックス事件のような横領、コインチェックのようなハッキングによる窃盗事件などのリスクが考えられます。

 

おすすめの取引所と口座開設の方法

bitFlyer

取引所でビットコインを購入する流れは以下になります。取引所によって手順が違う場合もありますが、簡単な手順でビットコインを購入することができます。

1.取引所の公式サイトで、メールアドレスとパスワードを設定してアカウント作成する
2.本人確認書類や写真撮影してアップする
3.取引所から郵送される本人確認コードを、取引所サイトで入力
4.取引所に入金する
5.ビットコインを購入する

「取引所」と「販売所」の違い

ビットフライヤーなどの業者には「取引所」と「販売所」が用意されています。

「販売所」では売値と買値が提示されていて、その表示価格で必要な数量をすぐに買うことができます。今すぐにビットコインを買いたいという場合、販売所であればすぐに買うことができるのが大きなポイントです。

相場が急激に上下に激しく変動している場合、取引所では取引が成立しない場合があります。早く売買したい時は販売所であれば、すぐに決済できる可能性があります。
しかし、販売所では取引されている価格が取引所よりも割高になっている事がほとんどです。その点を考慮して利用しましょう。

2.ポイントサイトや取引所のプレゼントで入手

ポイントサイトで入手

ビットコインは、ポイントサイトと呼ばれるサービスを利用することで入手する方法もあります。
ポイントサイトでは、企業の広告を見たり、ゲームをしたりすることでポイントが貯まり、そのポイントをビットコインに交換することができます。

一般的なポイントサイトでは、ポイントを現金や電子マネーでもらえるサービスがありましたが、ビットコインで受け取れるサービスも増えてきました。

メリット

ゲームに参加、アンケートに答える、懸賞に応募するなど、お金をかけずにポイントが稼ぐことができます。貯めたポイントを交換するだけなので、ビットコインを無料で入手することができることが最も大きなメリットになります。

デメリット

無料でもらえるポイントは少ないものが多いので、交換できるビットコインも少ないことがデメリットになります。

 

しかし、仮想通貨交換所の口座開設や、証券会社の口座開設、クレジットカードの作成など、数千円もポイントが貯まるサービスがあるので、有効活用してみましょう。

ポイントサイトの登録方法

ポイントサイトの登録は、メールアドレスとパスワードを登録するだけです。個人情報などの入力も必要がないので簡単です。

貯まったポイントをビットコインに交換して受け取る際には、ウォレットが必要なので、事前に取引所の口座を開設しておきましょう。

取引所の特典でもらう

bitFlyer(ビットフライヤー)などの取引所では、取引所内のサービスを利用することでビットコイン入手することができます。

 

メリット

ポイントサイトと同様に、広告をクリックしてネットショッピングや旅行予約、アンケートの回答等をするだけでビットコインがもらえます。

bitFlyer 「ビットコインをもらう」

bitFlyerのサイトを経由して、楽天やZOZOTOWNで買い物をしたり、クレジットカードを作るとビットコインが還元されるサービスです。

デメリット

デメリットは、ほとんどないと言えます。仮にクレジットカードの作成などは登録に少し手間がかかるくらいでしょう。
個人情報を知られたくないという方もいるかと思いますが、金融機関は特に個人情報の流出などには絶対的なセキュリティー体制をとっています。

 

4.マイニングで入手する

ビットコインは購入しなくても、マイニングという作業で入手することも可能です。これは、仮想通貨のシステム上で特徴的な部分です。

マイニングは、ビットコインの送金や決済のなどのやりとりを、取引データとして台帳に追加記録するための作業です。
ビットコインはデータのブロックが繋がってできていますが、このブロックに新しい取引記録の入ったブロックと繋げるために、複雑な計算問題をクリアする必要があります。
この計算問題を最も早く解読して正解した人に、報酬としてビットコインがもらえる仕組みです。

メリット

Minergate(マイナーゲート)というソフトを使うことでだれでもマイニングに参加することができます。

 

デメリット

マイニングは自宅のノートPCでも簡単に参加することがきますが、大量に電気代がかかります。日本では電気代が高く、マイニング報酬より電気代の方が高額になってしまいます。

また、マイニングは高額な報酬のビットコインがもらえるので、今では、企業レベルの設備投資やコストがかかっています。