ビットコインを購入する方法は、大きく分けて3パターンがあります。

1.取引所や販売所を利用する

ビットフライヤーなどの仮想通貨取引所を利用して購入する方法。

2.OTC(Over the counter)取引を活用する

取引所などの仲介所を通さずに、ユーザー同士で直接売買する方法で相対取引ともいいます。

3.ビットコインATMで購入する

ビットコインATMという機械で購入する。設置台数が少ないので利用は難しいかも知れません。

仮想通貨取引所について

最も簡単に購入できる方法が「仮想通貨取引所」で購入する事です。
具体的な購入方法を紹介します。

仮想通貨取引所は、ビットフライヤーやZaifといった仮想通貨の交換を主に行っている業者のことです。

ビットフライヤーなどで、仮想通貨取引をする方法として「取引所」または「販売所」を利用することができます。両方を併設している業者が多く、取引所でも販売所でもどちらでも売買できます。

  取引所 販売所
取引相手 他のユーザー ビットフライヤーなどの業者
購入価格 安い 高い
売却価格 高い 安い
取引価格 変動性 固定性

 

取引相手

「取引所」の取引相手とは仮想通貨取引所のマーケットに参加している他のユーザー、つまりあなたと同じような個人の投資家の人達です。買いたい人にとっては売りたい人、売りたい人にとっては買いたい人が、取引相手になります。

「販売所」で、買いたい人も売りたい人も、取引相手はビットフライヤーなどの業者になります。業者が持っているビットコインを買ったり、売ったりするしくみです。

取引所は仮想通貨を買いたい人と売りたい人をマッチングさせる場所を提供しているのに対して、販売所は業者がビットコインを売買しています。

購入価格

「取引所」の購入価格は取引所に参加しているユーザーの売買希望額によって決まります。簡単に説明すると、オークションの様な形式で売買が行われます。

なので、自分がこの価格で買いたいと思っていても、売ってくれる人がいなければ購入することができません。

「販売所」の購入価格はビットフライヤーなどの業者が決めています。市場価格を見ながら、業者が自由に決める事ができます。なので、一般的には販売所よりも取引所のほうが安く購入することができます。

売却価格

購入価格と同様に、取引所の売却手数料よりも販売所のスプレッドの方が大きいため、取引所でビットコインを売却するよりも販売所でビットコインを売却する方が価格が安くなってしまいます。

購入のケースとおなじく、取引所にこの価格で買いたいという相手がいない限り売却できませんが、販売所では業者が取引相手になるので、売却できないということがありません。

取引価格

「取引所」の取引価格は、オークション形式で取引が行われているので、市場参加者の需要と供給のバランスによって価格が変動しています。なので、自分が希望する価格で購入、売買できるとは限りません。

「販売所」の取引価格は、販売所が提示している価格で固定されていて、その価格で取引することが可能です。

ビットコインを購入する方法

仮想通貨取引所のビットフライヤーを例にあげて、ビットコインの購入方法を解説していきましょう。

ビットフライヤーで仮想通貨を購入する方法には、「取引所で購入する」、「販売所で購入する」、「クレジットカードで購入する」3つの方法があります。

1.取引所で購入する方法

「買いたい価格」と「買いたい数量」決めて、「コインを買う」ボタンを押すだけです。

ボタンを押すと取引が開始され、金額がマッチングした場合にビットコインが購入されます。

  2.販売所で購入する方法

販売所では、購入価格と売却価格があらかじめ決められています。数秒ごとに価格は変化していきます。
数量を決めて、「コインを買う」または「コインを売る」ボタンをクリックすると注文が発注されます。

3.クレジットカードで購入する方法

 

クレジットカードでの購入は簡単です。

まず、購入する通貨を決めます。ビットコイン以外にも、イーサリアムやモナコインなど業者によって様々なアルトコインを取り扱っています。

次に、購入金額を決めます。すると、金額に合わせて、ビットコイン(BTC)の購入数量が自動的に算出されます。あとは、そのまま、購入画面でクリックするだけで完了です。

クレジットカードで購入するメリットは大きく分けて2つあり、手持ちの現金がなくても購入できること、銀行の振込時間外でもビットコインを購入できることです。

仮想通貨の価格は数分で大きく変動すること多く、土日祝日に大きく価格が下がった時、取引所の口座に資金がすぐに購入することができません。そんな時にはクレジットカードで購入すると素早く購入することができます。

しかし、クレジットカードの購入にはデメリットがあります。それは、手数料が高いということです。決済手数料は価格の何%と決まった値ではなく、レートなどによって変化します。場合によっては、10%近い手数料がかかるケースもあるので、購入の際には十分に注意しましょう。