仮想通貨取引所「 ビットフライヤー(bitflyer)」

 

ビットフライヤー(bitflyer)は、三菱UFJキャピタルや電通など一流企業が出資している、日本国内で最初に誕生した仮想通貨取引所です。

2018年2月現在、日本で最大規模の取引所で、ユーザー数・取引量がトップクラスになっています。

仮想通貨取引所の中で、最も早くTVCMを放映、代表の加納裕三氏が日本ブロックチェーン協会の代表理事を務めるなど、知名度・影響力が高い取引所です。

ビットフライヤーの詳細はこちら

運営会社「株式会社bitFlyer」

「株式会社bitFlyer」は、インターネット上で流通されている仮想通貨の「ビットコイン」の販売や買取、仮想通貨利用のための総合プラットフォーム運営を手がける会社です。

仮想通貨取引所サービスの他に、ショッピングなどの決済手段としてビットコインが使えるサービスであるビットワイヤーの提供や、ブロックチェーンの調査や分析、プライベート・ブロックチェーン「miyabi」を活用した新サービスの研究開発などを行っています。

ビットフライヤー(bitflyer)の特徴

資本がしっかりしているので安心

ビットフライヤーは、三井住友海上キャピタル、三菱UFJキャピタル、電通デジタルホールディングス、SBI investment、GMO VenturePartners、など大企業が株主を占めていて、資本がしっかりしているので安心です。

また、顧客から預かっているビットコインのリスクを保証する損害保険を国内大手損害保険会社を契約しています。

不正出金被害を受けた場合の補償がある

メールアドレスやパスワードが盗まれて、不正に日本円が出金されてしまった場合の補償があり、補償上限は最大500万円です。

取引量・ユーザー数が日本一

ビットフライヤーは、2018年2月の段階で取引量・ユーザー数共に日本の取引所の中でトップになっています。

設立が2014年と取引所のサービス運営期間が他の取引所に比べて長いことや、大手企業からの出資を受けていること、TVCMの放送など、日本でも認知度が高い取引所なので、多くのユーザーがビットフライヤーを利用しています。

取引量が多いほど、流通する仮想通貨が増えて取引価格が安定するので、大きな変動の際でも、取引ができなくなるというケースが少なくなるメリットがあります。

取引量が多いほど、仮想通貨を買いたい時や売りたい時に自分の希望する価格で売買をすることが出来ます。

ビットフライヤーの詳細はこちら

ビットフライヤーの手数料一覧

ビットフライヤーの手数料は他の取引所と比較すると、全体的に割安になっています。

入金・出金手数料は他社と比べて同レベルです。

仮想通貨はどこで買っても取引は同じですが、売買手数料は低い方が無駄なコストを抑えられますので、手数料では他の会社に引けを取らない優良な取引所だと言えます。

入金手数料 自己負担
クイック入金時324円/件
出金手数料 216円~756円
ビットコイン簡単取引所手数料 0.01%~0.15%
ビットコイン販売所手数料 現時点では無料 ※将来的には有料
アルトコイン販売所手数料 現時点では無料 ※将来的には有料
借入・証拠金取引手数料 0.04% の支払/日

ビットフライヤーのセキュリティ

ビットフライヤーは最先端のセキュリティが施されている取引所です。

「bitFlyer セキュリティ・ファースト」主義を発表し、セキュリティ・顧客資産保護を最優先しています。

「bitFlyer セキュリティ・ファースト」主義、及びセキュリティ・顧客資産保護に関する取り組みについて

コールドウォレット、マルチシグ(マルチシグネチャ)、自社開発のビットコインデーモン、暗号学的に安全な擬似乱数生成器の使用、セキュリティ上問題のないコインに限った取り扱い、SSL通信セキュリティなどを実施しています。
また、ユーザー側では2段階認証の導入により他者からのハッキングの可能性を防ぐセキュリティ体制になっています。

セキュリティー内容 有無
コールドウォレット
マルチシグネチャ
2段階認証ログイン

2017年4月に仮想通貨法が施行されて以来、仮想通貨取引所に対する国からの監視の目は、とても厳しくなっており、各取引所はセキュリティ対策の強化に力を入れています。

不正ログインの補償制度などの新しい取り組みを導入しておりセキュリティ面が優れた取引所です。

国内で最初にマルチシグネチャを導入

「マルチシグネチャ」を日本で最初に導入した取引所がビットフライヤーです。

マルチシグネチャとは

マルチシグはセキュリティーを追求した、最新のビットコインテクノロジーです。コールドウォレットは外部からの攻撃には強い特性があります。しかし、内部からの不正操作が比較的簡単にできてしまう事もあり、それ対するセキュリティを高めるためのシステムとしてマルチシグが導入されています。

仮想通貨取引所へのハッキングが最大のリスクと考えられており、セキュリティ面の強化は必須です。
高度なセキュリティ対策であるマルチシグの採用を開始ししたビットフライヤーは、セキュリティの強化を常に意識の取引所です。

不正ログイン補償サービス

ビットフライヤーはハッキングなどにより不正ログインされ、通貨が紛失した際に補償するサービスを設けています。

不正ログインをされて通貨の盗難被害にあってしまった場合、損失を一定額のみ補償してくれます。

・メールアドレスやパスワードの盗取による不正なログインによる日本円出金に伴う損害補てん
・二段階認証を実施しているユーザーのみ対象

区分(不正な日本円出金が発生した時点) 補償上限金額
預かり資産の合計が円換算 にて 100 万円を超える二段階認証登録ユーザー 500 万円
上記以外の二段階認証登録ユーザー 10 万円

2段階認証を設定していない補償されないということと、日本円しか保証していない事は注意が必要です。

万が一、不正ログインで仮想通貨が盗まれたり、不正に送金されてしまっても保証がないという事です。

ビットフライヤー独自決済サービスの「bitWire」

ビットフライヤーの独自サービス「bitwire」は、ビットコインをbitFlyerアカウント同士であれば即時に送金できるシステムです。
通常、ビットコインを送金する際は「ビットコインアドレス」を入力して送付します。

しかし、bitwireを使うことで、「メールアドレス」を利用してビットコインを送ることができます。

ビットフライヤーの詳細はこちら

法人向け決済サービス「bitWire SHOP」

「bitWire SHOP」は店舗やwebサイトでビットコイン決済を可能にするサービスです。

専用の端末を導入するだけで、クレジットカードのように手軽にビットコインで支払いができるようになるシステムになっています。

導入にあたっての初期費用や月額費用が無料で、決済時に店舗側が支払う手数料は「売上金額×~1%+0.00004BTC」と安価なので、クレジットカードよりも決済にかかる費用を抑えることができます。

bitWire SHOP を導入するメリット
安価な手数料

システム導入手数料無料、決済手数料は金額×~ 1%クレジットカードより低い手数料率での決済が可能。

最短翌日現金化

受取ったビットコインの円転後、最短翌日に決済用口座へ入金可能。

ビットコイン自動売却設定でビットコイン価格変動リスクを回避

ビットコインを受け取ると同時に自動で売却する設定の利用が可能。ビットコインでの売上を円で確定することができます。

ビットフライヤー(bitflyer)のデメリット

取引所として人気のあるビットフライヤー(bitflyer)ですが、デメリットも検証しておきましょう。

取り扱いの仮想通貨が少なめ

現在、ビットフライヤーではビットコインを含め7つの銘柄の取り扱いがされています。
Bitcoin(ビットコイン)
Ethereum(イーサリアム)
Ether Classic(イーサリアムクラシック)
Litecoin(ライトコイン)
Bitcoincash(ビットコインキャッシュ)
Mona(モナコイン)
LISK(リスク)

ビットコインへの投資だけであれば問題ないですが、他のアルトコインが6種類しかないので、レアなアルトコインへの投資には向いていません。

販売所でのクレジットカード手数料が高い

仮想通貨購入の際、販売所を利用してクレジットカード決済を利用すると、約10%近くの手数料を取られてしまいます。

日本円で100万円分購入すると、約10万円が手数料として引かれて、90万円分のビットコインしか手元に残らない計算になります。
相場がバク上げ中で10%以上の上昇が予想でき、いますぐに購入したいなどの理由がない場合は、銀行振込やクイック入金で振り込んだ後、ビットコインなどの仮想通貨を購入した方がよいでしょう。

ビットフライヤー(bitflyer)まとめ

ビットフライヤーは、セキュリティーを重視した仮想通貨取引所です。安全・安心を第一に考えている方にはおすすめです。

ビットフライヤーの詳細はこちら

ビットフライヤーの会社概要

運営会社 株式会社bitFlyer
所在地 東京都港区赤坂3-5-5 ストロング赤坂ビル8階
代表取締役 加納裕三
設立年月日 2014年1月9日
取引所サービス開始日 2014年5月
従業員数 61名
資本金 41億238万円(資本準備金含)
株主 三菱UFJキャピタル株式会社
三井住友海上キャピタル株式会社
株式会社電通デジタル・ホールディングス
リクルート
加入協会 一般社団法人 日本ブロックチェーン協会(JBA)
一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会(JCBA)
取扱通貨  ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
リスク(LISK)

ビットフライヤーの詳細はこちら