仮想通貨を購入しようと思った場合、取引所に口座を開設する必要があります。
いざ、入金を済ませてビットコインを購入しようとした場合、「取引所」「販売所」というメニューがあることに気がつくと思います。

「取引所」と「販売所」、何がどう違うのでしょうか。
どちらでも同じビットコインが買えるのか?
どちらを使えばいいのか?

それぞれのしくみと特徴を紹介していきます。

取引所と販売所の違い

ビットコインの「取引所」と「販売所」の違いは、コインを取引をする相手の違いです。

取引所

取引所は、ビットコインを買いたい人と売りたい人が取引する場所です。「マッチング会場」のようなもので、フリーマーケットに近いイメージです。
ビットコインそのものが商品となっていて、日本円などのお金とビットコインを売り買いします。ビットフライヤーなどの業者は取引所という場所を提供している形になります。

株式や外国為替と同じように投資家同士が取引を行い、買いたい人と売りたい人の需要と供給のバランスで価格が変動します。

価格がオークション形式で決まるので、ビットコインを安く買えて、高く売ることができます。

自分が買いたい価格で売ってもいいという人がいれば、その価格で購入する事ができます。ただし、売りたい人がいない場合は、購入することができません。

販売所

販売所は、ビットフライヤーなどの業者があらかじめビットコインを仕入れていて、業者が現在の相場を考慮して価格を決めて販売しています。「お店」のイメージです。

ユーザーは日本円などのお金でビットコインを購入します。業者によって販売価格が決まっているので、その価格を支払うことで、すぐに購入する事ができます。

ビットコインは販売所が決めた価格で購入しなければなりません。販売所は利益を出すためにスプレッドが高く設定されています。なので、取引所で売買するよりも割高な価格になっています。

取引所と販売所のメリットやデメリット

仮想通貨の「取引所」と「販売所」のメリットやデメリットを簡単にまとめると以下のようなポイントになります。
取引所を利用すると価格が割安になりますが、相場が荒れて暴騰したり暴落した際には取引できない可能性があります。販売所の場合はどんな時でも売買可能ですが、取引所と比較して価格が割高になります。

取引所

メリット

販売所よりも割安な価格で購入できる
価格は需要と供給で決まる

デメリット

相手がいなければ売買が成立しない
暴騰や暴落が起った際に取引できない可能性がある

販売所

メリット

表示されている価格ならいつでも売買ができる
買いたい量も指定が可能

デメリット

取引所に比べて価格が割高になりやすい

取引所はなぜ暴騰や暴落の際に取引できないのか

取引所では、買いたい人と売りたい人の価格が一致したときに取引が成立します。

ビットコインの価格が暴騰した際には、多くの人がビットコインを買いたいと考えていて、売りたい人がいなくなるので買えなくなります。需要が増えて、供給が減るためです。

反対に、暴落した際には、多くの人が売りたいと考えます。しかし、買いたい人がいないので売れません。供給が増えて、需要が減った状態です。

上記のように価格の変動が激しくなった場合には、希望通りに売買取引が成立しない可能性が高くなります。

 

取引所と販売所のどちらを使えばいいのか

普通に考えたら、価格の割安な取引所を使ったほうが有利なりますが、実際はどうでしょうか。

おすすめな使い分けは、日常的な取引では「取引所」を利用。
価格の変動が激しく、希望した価格で取引が成立しない時は「販売所」を利用すると良いでしょう。
と使い分けることをおすすめします。

ビットコインは、新しいニュースが流れると価格が急激に変化することが数多くあります。トレードで利益をあげたいと考えている場合は、トレンドの波に乗る必要がありますから、時間との勝負になります。

取引所でいつ買えるかわからない状態になっている間に、価格がどんどん上昇してしまう可能性がありますので、そのような相場では多少手数料が高くても販売所で購入した方が、値上がり益でカバーできる可能性があります。

また、それぞれの取引所によって売買取引の成立のしやすさが異なります。ユーザーが多く、ビットコインの取引量の多い取引所はマッチングが成立しやすいのです。
まずは、ビットフライヤーなど取引量の多い大手の取引所で口座開設することをおすすめします。

取引所は複数用意しておく

仮想通貨取引所によって、取引所や販売所でかかる手数料が違っています。

また、取引所のサーバーの強度やシステム強度が違うので、相場が急激に変動したり、ハッキングなどの攻撃があった際には公式サイトがダウンしてしまうなど、取引ができなくなる可能性もあります。

そのようなリスクを減らすことができるので、仮想通貨取引所は、複数開設しておくのが鉄則です。