ザイフ(Zaif)について

ザイフ(Zaif)は日本の仮想通貨取引所の一つで、国内では「手数料の安い」取引所として人気があります。

ビットコインの取引手数料がmaker、taker共にマイナスとなっていて、国内の他の取引所と比べても類を見ないサービスです。

ビットフライヤーやコインチェックと同じく、販売所と取引所の両方のサービスを提供しています

ビットコインの他にアルトコインを8種類取り扱っていて、国内の販売所ではモナコインが購入できる数少ない取引所です。

トークンの取り扱いなど、独自サービスの展開が多く、ビットコイン取引所の中ではユニークな特徴が多い取引所です

すでに、ビットフライヤーなど他の口座を開設しても、口座を開設しておく価値がある取引所です。

ザイフ(Zaif)の詳細はこちら

取引手数料が圧倒的に安い

Zaif(ザイフ)の最大の特徴は手数料の安さです。
ビットコインと日本円の取引手数料がマイナス0.01%。
本人確認の完了後、ビットコインを取引をすると1取引き当たり最大200円のボーナスが入るしくみになっています。
一般的な他の取引所では取引手数料が0~0.15%などかかりますので、お得に取引ができます。

また、信用取引、ビットコインFX、先物取引の取引手数料も0%とコストがかかりません。
ビットコインFX、先物取引共に、万が一の際の追証なしで取引できるので、リスクを抑えた取引ができます。

独自のコイン積立

「Zaifコイン積立」は、販売所や取引所での売買取引とは異なり、毎月固定額をコインで積立を行ってくれるサービスです。

ビットコインは変動が大きいし、いつ買って良いのか売買のタイミングがわからないという、ビットコイン初心者におすすめですです。 毎月一定額が指定の銀行口座から引き落とされ、自動で仮想通貨の購入を行ってくれます。

毎月指定の銀行口座から、指定した額が引き落とされます。

仮想通貨の将来性に期待して、金のように積立しておきたいという方にもおすすめです。

手間がかからない上に、毎月一定額を買い続けることにより、ドルコスト平均法により、価格が上下してもバランス良く長期的な運用が可能になります。

年率最大3.6%のログインボーナスがもらえる

Zaif(ザイフ)では「本人確認」などの一定の条件を満たした後、ログインするたびにボーナスを受け取ることができます。

前日のビットコイン残高が最低3.0BTC以上を保有していた場合、1日1回、「Zaif Exchange」に預けられたビットコイン残高の0.01%がログインボーナスとしてプレゼントされます。ログインボーナスは1日あたり0.01% x 365日 = 最大年率3.65%で、1日のボーナス上限額は100円となっております。

条件を満たしてログインするだけで、年間最大100円× 365日=36,500円をボーナスでもらえる計算になります。

ザイフ(Zaif)の詳細はこちら

レアなコインを取り扱い

仮想通貨の時価総額上位で、日本でも保有者が多いネム(XEM)を日本で最初に取り扱ったのがZaif(ザイフ)です。

日本発の仮想通貨であるモナコインを取り扱っている数少ない取引所でもあります。

トークンの取引ができる

Zaif(ザイフ)ではトークンの取引ができるの特徴があります。
トークンとは、ビットコインのブロックチェーン上で発行さらた独自コインのことです。

トークンは、証券化や独自ポイントサービスと似たような形態です。

一般に流通しなければ価値が発揮されませんが、独自の工夫で経済圏を広めることで価値が生まれ、値段がついて、ビットコインなどと同等にトレードされることもあるため、大きく発展する可能性があります。

全ての仮想通貨が板で売買取引できる

Zaif(ザイフ)では全ての通貨やトークンの売買取引を板を見ながら指値注文を出すことができます。
販売所では決まった価格での取引されるので、買いたいタイミングで欲しい分だけ買うことができますが、手数料が高くなるデメリットがあります。

しかし、板での取引であれば、自分が希望する指値で買うことができるため、販売所の価格より安い値段で購入することができます。

Zaif(ザイフ)の取引サービス

現物取引

現物取引とは、通常の取引のことです。

現物取引の指値注文は、仮想通貨の希望する価格と買いたい量を入力すると、約定代金に価格が表示されます。買い注文をクリックすると、買い注文が成立します。
ただし、希望する価格で売りたい人が現れてマッチングするまで買うことができないので、取引完了までには時間がかかる場合があります。

成行注文は、買いたい数量を入力した後に買い注文をクリックすると、現在の最も低い価格で即時に購入となります。

信用取引

信用取引は、自己資金に対してレバレッジをかけて取引をすることができます。レバレッジは最大7.77倍ですレバレッジをかけるとは、自己資金を担保にして、資金を借利入れして行うことです。信用取引では、担保にした自己資金の、何倍といった額を運用することが可能になります。
また、証拠金追証が発生しません。信用取引をする際に口座残高に預けている金額以上のものを支払うことはないというこです。 安心して取引ができるポイントでもありますう。

また、信用取引は、買い注文から始められるだけではなく、売り注文から始められる特徴があります。

ビットコインAirFX

ビットコインAirFXは実際には現物取引ではありませんが、現物かのように高いレバレッジで取引ができるため、「AirFight(空中戦) Exchange」の意味で名付けられたサービスです。
先物に似たデリバティブ商品ですが、いくつか異なる点があります。・AirFXには期限と、期限到来による決済がありません。・先物の場合は現物とは離れた価格で取引されますが、AirFXは現物に近い価格で、現物レバレッジ取引の感覚で取引ができます。・AirFXでは、Zaifの現物価格からの乖離に基づいて、一定時間毎にユーザー間のスワップ手数料を発生させること(ファンディング)により、取引価格をできるだけ現物価格に近づける機構を備えています。また、現物取引ではないため、取引中のビットコインの移動や、ポジションの現物による現引きや現渡しができません。

マネパカード(プリペイドカード)と提携

マネーパートナーズは、東証一部上場のマネーパートナーズグループの会社で人気のFX業者です。
マネーパートナーズが展開している「マネパカード」は、米ドルやユーロなどの海外通貨をチャージしておいて、海外での買い物に使える便利なプリペイドカードで、Zaifとの提携によりビットコインを日本円としてチャージできるサービスが始まりました。

ザイフ(Zaif)の詳細はこちら

Zaifのデメリット

スマホアプリが使いにくい

Zaifではスマホアプリが提供されています。しかし、ウォレットとしての使い方を優先したのか、トレードに必要なチャートが見にくかったり、板を見ながら価格を入力したりといったことができずに、人によっては不便を感じる画面構成になっています。

口座開設完了までに時間がかかる

仮想通貨取引の過熱によって口座開設申込が急増しているせいか、住所確認のハガキが送付されるまでに2週間などの時間がかかるケースが増えているようです。

Zaifの手数料

Zaifで発生する手数料には以下のものがあります。

入金手数料

Zaifウォレットに日本円を入金する際にかかる手数料です。入金の方法は3種類あり、それぞれ手数料が違っています。

銀行入金では銀行に対して振込手数料がかかります。
コンビニ入金・ペイジー入金はの手数料はそれぞれ入金額に応じて変わります。

銀行振込手数料 無料(銀行に対する振込手数料は個人負担)
コンビニ入金手数料 3万円未満 486円
3万円以上 594円
ペイジー入金手数料 3万円未満 486円
3万円以上 594円

出金手数料

Zaifウォレットにある日本円を自分の銀行口座に振り込む場合にかかる手数料です。

出金手数料 50万円未満の出金 350円
50万円以上の出金 756円

送金手数料

Zaifウォレット内にある仮想通貨を他のウォレットに送金・出金する際にかかる手数料です。
コインの種類によって手数料が異なっています。

コインの種類 手数料
ビットコイン 0.0001BTC以上
ネム 2XEM~
モナコイン 0.001 MONA
Counterpartyトークン 0.00420BTC
ビットコインキャッシュ 0.001BCH

コイン積立銀行引落手数料

Zaifでは、コイン積立が可能ですが、毎月銀行引き落としの手数料が発生します。

積立金額 手数料 日本円
1千円~2千円 一律100円 100円
3千円~9千円 3.5% 105円~315円
1万円~2万9千円 2.5% 250円~725円
3万円~4万9千円 2% 600円~980円
5万円以上 1.5% 750円以上

現物取引手数料

現物取引とは、仮想通貨同士を交換をする普通の取引です。仮想通貨の種類によって手数料がことなっています。
maker取引とtaker取引によって手数料が分かれていて、取引の種類によって違います。

ビットコインとモナコインの手数料がマイナスになっているのが特徴です。取り引きをすればするほどビットコイン・モナコインがもらえるという仕組みになっています。

コインの種類 maker taker
ビットコイン -0.01% -0.01%
ネム 0% 0.1%
モナコイン -0.01% -0.01%
ビットコインキャッシュ 0% 0.3%

makerとtakerの違い

現物取引には、makerとtakerというしくみがあります。

makerは、自分で金額を指定して買う人・売ってくれる人が現れると取引が成立する取引方法です。

takerは、取引所にある売り板・買い板にある金額で取り引きを行う方法です。takerは、希望する金額ですぐに取り引きが成立するメリットがあります。

信用取引手数料

信用取引は、入金している資金以上の額を投資をする取り引きできるレバレッジ取引が可能です。ビットコインとモナコインで信用取引を行えます。資金を借りているという形になり、利息に値する借入手数料が毎日発生することと、利益が出た際にはその中から0.7%を利益手数料が発生するので注意が必要です。

取引手数料 0%
借入手数料/日 0.039%
利益手数料/決済時 0.7%

AirFX手数料

AirFXは、通常のFXのようにレバレッジをかけて取り引きが行えます。

取引手数料 0%
日時手数料/日 0.039%
スワップ手数料/2時間毎 最大±0.375%

先物取引手数料

先物取引とは、前もって価格や数量を決めておき、その価格になった時点で取り引きを行う方法です。
金額を決めることができますが、日時手数料がかかり、現在価格とかけ離れすぎていると、日時手数料がどんどん増えてしまう可能性があります。

取引手数料 0%
日時手数料/日 0.039%

Zaif(ザイフ)まとめ

Zaifの大きな特徴は取引手数料がマイナスであるということです。仮想通貨を利用したトレードで利益を上げる場合、ひんぱんに売買するケースが多いので、むだなコストになる手数料がかかるのは非常にもったいないことです。
zaifの場合は、手数料がマイナスになっているので逆にもらえるというのが大きなポイントです。

また、トークンを売買できるなど、ビットコイン以外もトレードしてみたい方にはおすすめの取引所です。

ザイフ(Zaif)の詳細はこちら

Zaif(ザイフ)の運営会社概要

仮想通貨事業者登録

近畿財務局長第00002号

運営会社

テックビューロ株式会社

資本金

8億3,013万円(資本準備金含む)

設立

2014年6月

取り扱い通貨

ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
ネム(NEM/XEM)
モナコイン(MonaCoin/MONA)

取引手数料

-0.05%~0.1%

証拠金取引

レバレッジ最大7.77倍/最大7.77倍

日本円出金手数料

216円~756円

ビットコイン出金手数料

0.0001BTC~

ザイフ(Zaif)の詳細はこちら